三相性ピルと一相性ピルの違いを知ろう

一か月の服用期間中に、成分中の女性ホルモンの量が3段階に成分が変わっていくものを三相性ピルといい、一定のまま成分に変化がないものを一相性ピルといいます。それぞれ違いがありますので、違いを理解した上で自分に合ったものを選びましょう。

三相性ピルの特徴

「トリキュラー」や「トライディオール」などの製品があります。女性の自然なホルモンバランスに近くなるように、日によって成分量が変化していきます。それにより、不正出血が少なくなり、休薬期間中に消退出血(みせかけの生理)がおこります。また、女性ホルモンの総量を減らすことができるのもメリットです。

一方で、錠剤によって成分量が違うため、飲み間違いを起こす可能性があります。また、自然の生理に近くなるようにホルモンのバランスが変化していくので、人によっては頭痛を起こすこともあります。

一相性ピルの特徴

「マーベロン」や「オーソM」などの製品があります。1錠の成分はすべて同じなので、飲み間違いを起こすことはありません。また、生理日を調整するときには使いやすいというメリットがあります。

不正出血の少ない三相性ピルと飲み間違えの少ない一相性ピル、ご自分のライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。