ピルの21錠と28錠の違い

低用量ピルには1シートの期間が、21日のものと28日のものがありますが、どちらも効果は同じで価格も変わりません。ご自分のライフスタイルに合わせて選んでいくと良いでしょう。

始めるなら28錠からが良い

ピルを飲み始める人には28錠をお勧めします。ピルの服用にあたっては、21日間の薬を取り続ける期間と、7日間の薬を飲まない休薬期間があり、21錠と28錠の間に違いはありません。28錠は、毎日飲み続ける習慣を付けることを目的として、有効成分の含まれていないプラセボ(偽薬)が7錠入っているだけです。

なお、プラセボ期間中は、飲み忘れても大丈夫です。必ずしも飲む必要はないので、飲み間違いの心配がないのなら、捨ててしまっても良いでしょう。

慣れてきたら21錠を服用する

「必要のない7錠をいちいち飲むのは面倒かも。」 そういう方は、21錠を使いましょう。ただし、休薬期間を間違えないように、よくカレンダーをチェックしておく必要があります。飲み忘れが心配な人は引き続き28錠を使うと良いでしょう。

大切なのは、休薬期間の7日間を守ることです。ついうっかり7日以上薬の服用を開けてしまうと妊娠してしまう可能性もあります。正しい使い方をして、思わぬ妊娠をしてしまわないよう気をつけましょう。